お知らせ」カテゴリーアーカイブ

政治と宗教

過去に国政、県政の選挙に関わったことがあります。選挙において仕事を持っている普通の人はボランティアで協力することはほとんどありません。参加できるとしても時間的に限度があります。

また、インドで宗教を徹底的に見てきましたが、信者、信仰心を持つ人は時間の制限なしに無私の献身をします。その活動は美徳であると言えます。

反社会カルトが当落ラインにいる候補者を標的にして選挙運動を支えるならば、その信者は信仰心あるがゆえの必死の選挙運動をするでしょう。これに加えて落選させるだけの組織票を持っているならば、当選させた政治家を操ることができるでしょう。

いま見ているのは、見えていたの見ていなかった政治と宗教です。

 

安倍氏国葬に反対します。

すでにWEBで安倍氏国葬に反対署名をしていますが、

自身の公式ホームページでも国葬反対を表明します。

国会を通さない国葬は民主主義ではなく権威主義です。

弔意を強制しないと言ったところで、従わなければならない人も多くいるでしょう。

これは、精神の自由を奪い隷属させる反社会的カルトと基本やっていることは同じです。

 

 

 

 

 

写真作品「ブンダーバン」を第1回 北星美壇展に出品

第1回北星美壇展に写真作品「ブンダーバン」出品

会場 桑名市博物館

期間 2022年7月20日(水)~7月24日(日)

   午前9:30~午後5:00まで(入場は4:30まで)

〒511-0039 桑名市京町37-1   電話 0594-21-3171

 

 

 

 

 

 

第一回 北星美壇 春季展

第一回 北星美壇 春季展に作品出品

期間:2022年.2月1日(火)~2月6日(日) 午前10時~午後5時まで

サンシティ 星川店 一階催し場(桑名市星川785 TEL 0594ー31ー8331)

主催:北星美壇       後援:桑名市、桑名市教育委員会、桑名市文化協会

第40回 ぐるうぷ雑創展

第40回 ぐるうぷ雑創展に作品出品

桑名市博物館 2021.8.11(水)から2021.8.15(日)まで

午前9時半~午後5時まで(入館は午後4時半まで午後5時まで)

桑名市京町37-1 電話 0594-21-3171

 

学校行事、コロナ感染リスク、修学旅行よりも小学校の運動会

2021.4.25日、中日新聞、北勢版記事「修学旅行今年も変更多く」を受けて、多くの小中学校に出入りして写真撮影しいるものとしてのもの言い。私が出入りしている三重県北勢地区の小学校の今年の運動会の開催日は例年以上に特定の日、10月2日に重なっている。今年の秋までにワクチン接種による集団免疫獲得の見通しが消えた今となっては、昨年の秋よりもコロナ感染状況が悪くなっていると見るべきで、運動会による同時多発クラスターが発生し場合、医療崩壊しかねない。最低でも昨年同様に平日開催を含めて開催日を散らすべきだろう。ちなみに、岐阜県では、私が出入りしている小学校の運動会の開催日を見る限り、昨年のコロナ禍の経験を踏まえた、例年と違う日取りとなっている。

 

 

東京5輪で思うこと

 混迷する東京5輪を見て思うことは、多くの人は大会に魅力を感じるも、開催することがコロナ禍で荒廃した生活が、さらに酷くなると読み取ったことによるもので、5輪の求心力よりも、開催国の国民の遠心力の方が大きくなってきたことの現れかな。5輪を開催するにはコロナが終息するだけだなく、人々の遠心力を収束させないと開催は難しいだろう。

 

「秋の舞楽会」を六華苑にて開催

桑名市、六華苑にて「秋の舞楽会」を開催します。

例年とは違い、コロナ禍のため規模を縮小しての開催となります。パンデミックを引き起こした感染症有事において、多度雅楽会は「春の舞楽会」に続き「秋の舞楽会」も中止を決断していましたが、コロナ感染症第二波と、この冬に起こるであろう第三波の間隙を突いての開催となります。

多度雅楽会を代弁して言います。有事の時のこそ、人間として尊厳を保ち、表現者としての矜持を示そうじゃないか。「千年の文化」を今、桑名で維持している不断の努力を、この「秋の舞楽会」で「自然体の呼吸」でもって披露する。

開催日 2020年 11月7日(土)8日(日)

場所  桑名市、六華苑

時間  両日とも、午前10時より開演